他のカテゴリも表示する

市・県民税の申告

公開日 2019年2月4日

更新日 2019年2月28日

申告は、市・県民税や国民健康保険税、後期高齢者医療保険、介護保険料の算定資料となるほか、公営住宅の申込み、福祉、年金、児童手当などの受給手続きに必要な各種証明書を発行する時の資料となる重要な手続きです。

申告をしなければならない人

平成29年1月1日現在、臼杵市内に住んでいた人で下記に当てはまる方は臼杵市への申告が必要です。
(臼杵市外に住んでいた方はその市町村への申告が必要です。詳しくはその市町村にお問合せください。)

平成28年中に所得のなかった人で、

  • 親族の所得税確定申告書、給与支払報告書(年末調整)などで扶養控除の対象になっていない人
  • 平成29年1月1日現在、臼杵市以外の人の扶養控除の対象になっている人

平成28年中に所得のあった人で税務署へ所得税の確定申告をする必要のない人

  • 営業等、農業、不動産、利子、配当、雑(公的年金等以外)などの所得がある人
  • 平成28年中に会社を中途退職した人で年末調整をしていない人
  • 給与所得者で、勤務先から臼杵市役所へ「給与支払報告書」が提出されていない人
  • 給与所得者等で、雑損控除、医療費控除などを受けようとする人
  • 給与以外の所得が20万円以下だった人

※税務署への確定申告の必要のない20万円以下の所得でも、市・県民税の申告は必要です。

申告をする必要のない人

下記に記載されていても、控除の付けたしなどを申告することにより、市・県民税や介護保険料などが下がる場合があります。
また、被扶養者でない方は給与所得や年金所得がなく申告をしないことで未申告の扱いになり、所得証明書等の発行ができない場合があります。

  • 前年、課税対象となる所得が無かった人
  • 税務署へ「所得税確定申告」をする人
  • 前年の勤務先が1箇所の人で、勤務先からの「給与支払報告書」が臼杵市に提出されている人
  • 平成29年1月1日現在、臼杵市に住んでいる親族の確定申告書、給与支払報告書(年末調整済み)などで扶養控除の対象になっている人で平成28年中に課税対象となる収入のなかった人
  • 昭和27年1月1日以前に生まれた人で、公的年金など収入の合計金額が 148万円以下で年金以外に課税対象となる収入のない人
  • 昭和27年1月2日以降に生まれた人で、公的年金など収入の合計金額が 98万円以下で年金以外に課税対象となる収入のない人

申告に必要なもの

  • 申告書
  • 印鑑
  • 所得を証明できる書類 (平成28年中の収入、必要経費に係るもの)
  • 給与所得者は、雇用者発行の「源泉徴収票」または「月々の給与明細書」、「給与支払証明書」など
  • 営業、農業、不動産所得のある人は収入明細書または帳簿、書類など
  • 所得控除を証明できる書類 (平成28年中に支払ったもの)
  • 雑損控除 消防署や警察署などの証明書、損失額、保険金などで補てんされた金額の証明書
  • 医療費控除 医療費、介護保険施設の利用料などの領収書、保険金などの補てん額の明細書
  • 社会保険料控除 国民健康保険税、介護保険料、国民年金保険料などの各種証明書、領収書
  • 生命保険料控除 生命保険、個人年金保険、介護医療保険の各種保険料控除証明書
  • 地震保険料控除 地震保険料控除証明書、旧長期損害保険料控除証明書
  • 寄附金税額控除 寄付金受領証明書

お問合せ

税務課
TEL:(0972)86-2703
  • 臼杵市役所臼杵庁舎TEL:0972-63-1111(代表)
  • 臼杵市役所野津庁舎TEL:0974-32-2220(代表)

※直通のダイヤルインや通話料金、電話交換システムに関することは、お問合せページをご覧ください。

このページの
先頭へ戻る