他のカテゴリも表示する

市役所の仕事をチェック

公開日 2019年1月31日

更新日 2019年2月28日

行政経営システム

臼杵市はこれまで、バランスシートやサービス検証システム、施策評価、市民アンケートなど、様々な行財政活性化ツールの導入に取り組んできました。
これらの行財政活性化ツールは個別に構築され、それぞれ改善・発展してきましたが、平成24年度より、これらツールを連携・相互波及させ、より効果的に市政運営や予算編成に結びつけることを目的として「行政経営システム」を構築し、運用しています。

サービス検証システム(行政評価)

臼杵市における、サービス検証システムの構築について

臼杵市では、平成12年度より「サービス検証システム」として行政評価に取り組んできました。このシステムは一番に「市民サービスを向上させる」という目標のもと、評価を実施する過程で「総合計画の総合的推進」「説明責任の徹底」「成果重視への行政転換」「市民本位の行政実現」を果たしていくことを目的としています。

サービス評価システム導入の目的

「市民サービスを向上させる」

  • 長期総合計画の計画的・効率的・総合的な推進
  • 市民に対する行政成果の説明責任の徹底
  • 市民の視点に立った成果重視の行政への転換
  • 市民本位の効率的で質の高い行政の実現

行政評価を行う目的は?

「もし、行政評価がなかったら・・・」

  • 総合計画の進行管理をするものがない
  • 市民への説明責任が果たせない
  • 費用対効果に基づいた事務事業執行がなされない
  • 市民ニーズとのギャップが生じやすい
  • 事務事業及び施策における見直し機会が減少する
  • 地方自治(法)の理念とのギャップが生じやすい

サービス評価システムの流れ図

「事務事業評価」と「施策評価」

行政経営システムを構成するツールのうち、代表的な評価手法が「事務事業評価」と「施策評価」です。

項目 事務事業評価 施策評価
大目的 市民サービスを向上させる 市民サービスを向上させる
中目的
  • サービスを最小の経費で最大の効果をあげる
  • 市民に対する説明責任を果たす
  • サービスを最小の経費で最大の効果をあげる
  • 市民に対する説明責任を果たす
小目的
  • 事務事業の必要性を検証
  • 全職員レベルでの事業検証機会、コスト意識の醸成
  • 同じ目的の複数事務事業の優先順位検証
  • 事務事業評価ではチェックしにくい総合計画との整合性を検証
位置づけ 施策を推進するための具体的な最小業務評価 事務事業の目的としての施策評価
作成担当者 各担当職員 各課長
評価者(1次) 各担当職員 各課長
評価者(2次) 各課長 内部評価検討会
対象数 約200事業 55施策
財源内訳 表示設定あり 表示設定なし
市民評価の方法 なし
  • 市民アンケート(外部評価)
  • 行財政活性化推進委員会

事務事業評価

臼杵市における事務事業評価は、サービス検証システムを導入した平成12年度から取り組まれており、評価の手法を試行錯誤しながら、改善・発展してきました。市役所の仕事を事務事業レベルから評価することで、一番に市民サービスの向上を図るとともに、よりきめ細かな業務改善、説明責任の徹底、成果重視の効率的かつ効果的な行財政運営をめざします。

事務事業評価の役割

  • 目標に対しての達成度、進捗状況を把握
    (行動指標、今年度実績、達成度、実績推移)
  • 年度を振り返り反省、問題点の洗い出し
    (問題課題)
  • 具体的な改善方法
    (改善計画、予想効果)
  • コストの把握、削減方法の検討
    (フルコスト、財源、単位コスト、コスト削減)

平成28年度 事務事業評価 (平成27年度実施施策に対する評価)

施策評価

臼杵市における施策評価は、平成18年度より実施し、事務事業評価が主に事業改善・職員へのコスト意識醸成に成果を求めるのに対し、事務事業の“目的”と位置づけられ、臼杵市の将来像(あるべき姿)により近い部分での「施策」を検証することで、総合計画の進行管理ツールとして、また、市民等へ説明責任を果たすことなどを主な目的として実施しています。そもそも行政評価は、「サービスを進化させる」という大きな目的の下にあり、行財政改革の推進手法として、行財政活性化大綱に掲げる“感動お届け市役所”実現のための大きな役割を担います。

施策評価の役割

  • 総合計画の進行管理
  • 事務事業と施策の整合性
  • 優先事業の選別
  • 市民意見の反映

全課長による一次評価・・・指標の設定・評価方法・評価結果の反映方法
     ↓
内部評価検討会・・・臼杵市における政策を視野にいれた施策評価

「臼杵市よりよいまちづくりアンケート」

臼杵市では、全てのまちづくり計画の頂点に位置する「第2次臼杵市総合計画」(平成27年3月策定)のまちづくりの将来像『日本の心が息づくまち臼杵~「おだやかさ」と「たくましさ」を未来につなぐ~』に基づき、様々な取組みを行っています。
その中で、市は「サービス検証システム(行政評価)」により、各事業や施策について、本当に必要な事業が、無駄なく効率的に実施されているかなど市役所内部で評価(検証)しています。
しかし、当然のことながら、市役所の業務も総合計画に掲げる施策も、市民の皆様が”充実した一生を送れるまちづくり”のためにあり、皆様のニーズに沿った満足度の高い行政サービスの提供のためには、サービスの受け手である市民皆様の評価(ご意見)が不可欠となり、平成14年度から毎年市民の皆様のご意見を市政に反映するため、市の取り組みへの評価について、市民アンケートを実施しています。

臼杵市行財政活性化推進委員会

総合計画の施策は、外部評価として臼杵市行財政活性化推進委員会に諮り、進捗状況を報告するとともに、最終評価を決定しています。
臼杵市行財政活性化推進委員会は、職員以外の全10名の委員から成り、学識経験者をはじめ、自治会や教育、商工業、農業など、分野ごとに有識者を選考しています。

お問合せ

財務経営課

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
  • 臼杵市役所臼杵庁舎TEL:0972-63-1111(代表)
  • 臼杵市役所野津庁舎TEL:0974-32-2220(代表)

※直通のダイヤルインや通話料金、電話交換システムに関することは、お問合せページをご覧ください。

このページの
先頭へ戻る