他のカテゴリも表示する

地震への備えは大丈夫ですか

公開日 2019年2月15日

更新日 2019年2月28日

地震への備えは大丈夫ですか

地震が発生すると、身近な家具類や窓ガラスなどが凶器になることがあります。いざというときに日頃から備えましょう。

家の中の安全対策

ドアの側では、家具の配置に注意する。
安全に避難できるよう、出入り口や通路にものを置かないようにしましょう。
家具は倒れないように。
家具などは転倒・移動しないよう、壁や柱にしっかりと固定しましょう。
子どもやお年寄りのいる部屋には、できるだけ家具を置かないように。
就寝中に地震に襲われると危険。子どもやお年寄り、病人などは逃げ遅れる可能性があるので、できるだけ家具を置かないようにしましょう。

家の外の安全対策

  • 倒壊の危険性が高いブロック塀や門柱に、立木を点検する。
  • ガスボンベは、転倒しないようにしっかりと固定する。
  • 屋根瓦、エアコン室外機などの落下を防止する。

地震が起きたときの心得10ヶ条

  1. まずわが身の安全を!
     地震が起きたら、テーブルの下にもぐるなど、まず身の安全を確保しましょう。
  2. すばやく火の始末!
     「火を消せ!」とみんなで声をかけあい、調理器具、暖房機器などの火を確実に消しましょう。
  3. 戸を開けて出口の確保!
     特に鉄筋コンクリートの建物がゆがむと、ドアが開かなくなることがあるので、出入り口を確保しましょう。
  4. 火が出たらすぐ消火を!
     「火事だ!」と大声で叫び、隣近所にも協力を求め、初期消火に努めましょう。
  5. 外に出る時はあわてずに!
     外出中の家族にメモを残し、お年寄りや子どもの手をしっかり握って、落下物に注意しながら、落ち着いて行動しましょう。
  6. 狭い路地、壁ぎわ、がけや川べりに近づかない
     ブロック塀、自動販売機などは倒れやすいので注意しましょう。がけや川べりも崩れやすいのあで、近づかないようにしましょう。
  7. 山崩れ、がけ崩れ、津波に注意!
     山間部や海岸部で地震を感じたら、早めに避難しましょう。
  8. 避難は徒歩で、荷物は最小限に!
     指定された避難場所には徒歩で行きましょう。荷物を持ちすぎると避難の支障になります。
  9. みんなで協力して「応急救護」を!
     みんなで助け合ってけが人の手当てをしましょう。お年寄りや体の不自由な人の手助けをしましょう。
  10. 正しい情報を!うわさやデマに惑わされるな!
     うわさやデマに惑わされないようにしましょう。テレビ、ラジオ、市町村からの正しい情報に耳を傾けましょう。

避難場所を確認しましょう。

もしもの時のために避難所や緊急連絡先を確認しましょう

お問合せ

総務課
TEL:(0972)86-2722
  • 臼杵市役所臼杵庁舎TEL:0972-63-1111(代表)
  • 臼杵市役所野津庁舎TEL:0974-32-2220(代表)

※直通のダイヤルインや通話料金、電話交換システムに関することは、お問合せページをご覧ください。

このページの
先頭へ戻る